DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:経済・ビジネス
2006年の12月はフィリピンでクリスマスを迎えた。

一般的に日本ではフィリピンは貧しい発展途上国であるといったイメージが強いが、マニラの東側(マカティ)やデパートなどは先進国並に発展している。マカティの高級住宅地には5億円以上もする物件もたくさんある。

しかしながら、以前として貧しい国であることも事実であり、日給200円~300円しかもらえない人がこの国には多い。物価はそれほど安くはないのに、所得がこれほど低いために貧困が蔓延しているというのが特徴である。

このような環境であるため、「お金持ち」の外国人たちからお金を盗んだり、外国人をお金目当てに使うことを多くの人は正当化する。

したがって、フィリピンでビジネスをはじめた場合、従業員が収益を正直に清算する確率は低い。

私がフィリピンに移住し、日本での生活と同等の収入を確保できれば、メイドつきの豪華な生活もできる。しかし、ビジネスにおけるリスクも大きい。

今後はフィリピンでのビジネス戦略も取り上げたいと思う。
スポンサーサイト

テーマ : 知っておいて損はない!! - ジャンル : ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © yoshthegreatのビジネス日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。